2015年11月14日(土)午後の部

B-side  アートフォト(作品)ゼミ vol.10


さて、今回はどんな内容?

アートフォト(作品)ゼミ 
~番外編&講評会~

 2014年7月から「商品撮影ワークショップ」アートフォト(作品)ゼミ」等を開催し、今年9月の「撮影会&講評会」で通算9回となりました。

 11月14日(土)午後は、「アートフォト(作品)ゼミ vol.10」として、番外編として「ブライダル・フォトの話」を高崎先生にお願いし、講評会は、NPO法人「日本の写真文化を海外へプロジェクト」理事長 柴田誠氏にも参加いただくことになりました。

 柴田 誠氏は、2017年2月県内某所にて開催予定の高崎先生の写真展と同時開催のTakasaki Seminaer inTOYAMAメンバー秀作展の審査員でもあります。

第1部 「ブライダルフォトの話」番外編

 まず、「ブライダルフォトの話」は、今回の開催打ち合わせの雑談で出てきたお話が、とても参考になったのお願いした次第です。

 ブツ撮りのスペシャリストの高崎先生がブライダルの写真を撮ることになったのです。そこで、知り合いのブライダルフォトのスペシャリストに、レクチャーを受け、撮影に臨んだとのこと。

 このレクチャーがとても参考になるのです。そして、レクチャーされたことを実際にやってみて、どうだったか?ということを中心にお話しいただきます。

 ・シャッター速度
 ・絞り
 ・ISOの設定
 ・ストロボの調光
 ・デジタルを活かした撮り方など、

 ブライダルに限らず、屋内でのスナップにも、もちろん活用できます。

講師は、こちらの高崎勉先生です。もちろん、いつも通り講評も担当いただきます。2015日10月15日発売の月刊」コマーシャルフォト」11月号では、テーマ『「写真を教える」という仕事』で取材を受け、掲載されています。

profile100 
(有)高崎写真事務所 フォトグラファー 高崎 勉 氏
     講師プロフィール>> http://www.t-tak.jp/profile_jp.html

・ミュゼふくおかカメラ館 「14歳への挑戦」での講習会の模様
https://www.facebook.com/museecamerakan/posts/883851748360977

151026コマーシャルフォト11月号記事
・月刊「コマーシャルフォト」11月号掲載記事

第2部 講評会

今回は、NPO法人「日本の写真文化を海外へプロジェクト」代表理事 柴田誠氏においでいただき、講義・講評に加わっていただきます。秀作展も意識した内容となっています。

※秀作展
2017年2月県内某所にて開催予定の高崎先生の写真展と
同時開催のTakasaki Seminaer inTOYAMAメンバー秀作展のことです。

【ご紹介】
NPO法人「日本の写真文化を海外へプロジェクト」代表理事 柴田誠氏
元カメラ記者クラブ代表幹事・フォトテクニックデジタル編集部。
1964年生まれ、24年間務めた写真雑誌の編集経験と豊富な人脈を活かし、
写真・カメラ関係の情報を、世界に向け発信するフォトジャーナリスト。
桜花出版より発売された写真集「JPCO」シリーズの監修を行う。
http://www.japanphotoglobe.com/

2014年の写真集「JPCO」シリーズ発刊時の動画
http://www.shinyakamiichi.com/info/index.php?QBlog-20140623-1

2017年2月県内にて開催予定の高崎先生の写真展と同時開催のTakasaki Seminaer inTOYAMAメンバー秀作展の審査員もお願いしています。

追伸
会場の関係もあり、今回は20名前後の募集となります。
場所は、岩瀬カナル会館。
お早めにお申し込みいただければ幸いです。

rH8bXdxT 主催者 上市社会保険労務士事務所 上市 真也


Takasaki Seminar B-side

アートフォト(作品)ゼミ vol.10

◆2015年11月14日(土)13:00~15:45
アートフォト(作品)ゼミ vol.10

◆内容◆
13:00~13:45 「ブライダルフォトの話」
 講  師 (有)高崎写真事務所 フォトグラファー 高崎 勉 氏

13:50~15:45 講評会
 講  評  NPO法人「日本の写真文化を海外へプロジェクト」
          理事長 柴田 誠 氏
 講  評 (有)高崎写真事務所 フォトグラファー 高崎 勉 氏

2017年2月県内にて開催予定の高崎先生の写真展と同時開催のTakasaki Seminaer inTOYAMAメンバー秀作展の審査員でもある柴田誠氏特別ゲストです。

※秀作展
2017年2月県内某所にて開催予定の高崎先生の写真展と
同時開催のTakasaki Seminaer inTOYAMAメンバー秀作展のことです。

是非、講評用の作品をお持ちください。なお、講評用の作品をお持ちにならなくても、参加できます。ご安心ください。

講評用の写真やポートフォリオについて
※お願い事項:講評用の写真は、できればA4サイズ程度のプリント(最低2Lサイズ)でお願いいたします。どうしても、画像データでお持ち込みの場合は、USBメモリに入れ、選定された10点程度でお願いします。画像データの場合、プロジェクター投影となった際、明るさ・色等の再現性に難がありますので、ご注意ください。なお、お持ち込みに支障がなければ、A4サイズを超えるモノでも可です。

◆場所◆
 岩瀬カナル会館
 http://www.canal.or.jp/
 〒931-8378富山市岩瀬天神町48番地
 TEL.076-438-8446 FAX.076-438-8447
 グーグル地図はこちらから>>

◆参加費◆
 4,000円(税込み)

◆定員◆
 20名


申し込みから受講までの流れ

1.申し込み
  このページ下の「申し込み」フォームから申し込みできます。
2.自動応答で受付の返信が届きます。
3.申し込まれた方へ、のちほどメールで決済方法をお知らせします。
  ご用意している決済方法は次のとおりです。
  ・銀行振込
  ・サイト上でのPaypal決済 
4.決済が完了された方へ受講票をPFDファイルで送信いたします。
5.当日、印刷した受講票をお持ちください。

※会社名・屋号での領収書を希望の方はその旨をフォームからお知らせください。
 当日、会社名・屋号での領収書をご用意いたします。


追伸1

会場の関係で、人数は、募集人数は20名としています。
お早めにお申し込みいただければ、幸いです。


追伸2

懇親会を開きます。
是非この機会に、講師や参加の方と懇親を深めていただければと思います。
また、ゼミ内で質問できなかったことなども、あわせてお尋ねいただければと思います。
※いつもは日曜日ですが、今回は、土曜日開催です。ご注意ください。

 日時 2015年11月14日(土)18時30分~ 
 場所 富山駅付近
 会費 予定4,000円〜5,000円前後
 ※懇親会は、11/14(土)・11/15(日)の「アートフォト(作品)ゼミ」
  と合同となります。
 ※申し込みフォームの「懇親会」欄にチェックをお願いします。
 ※後日再確認いたします。


追伸3

 ゼミ終了後も、交流ができるように、Facebookで参加者と講師によるグループを設けています。受講された方へ、お誘いしております。
 その際は、是非、参加たければと思います。


お申込フォーム

こちらの項目に入力いただき、「確認」を押してください。

【終了しました】