画像の説明

2016年11月20日(日)

アートフォト(作品)ゼミ Vol.16


主催者からのメッセージ

 アートフォト(作品)ゼミに参加いただいた方、お問い合わせいただいた方、ありがとうございます。

 11月20日(日)にアートフォト(作品)ゼミVol.16を開催します。

アートフォト(作品)ゼミ

日時:2016年11月20日(日)10時~15時45分
場所:岩瀬カナル会館

講師は、富山市出身の写真家 高崎 勉氏。Takasaki Semi in TOYAMAの商品撮影ワークショップ・アートフォト(作品)ゼミで毎回お世話になっています。2015年8月23日に、ミュゼふくおかカメラ館で、クラシックカメラワークショップにて講師。一層ご活躍です。
 また平成29年2月には、ミュゼふくおかカメラ館にて、写真展開催が決まっています。

画像の説明
写真家 高崎勉氏のプロフィールはこちらです。
 http://www.t-tak.jp/profile_jp.html

※ミュゼふくおかカメラ館でのクラシックカメラワークショップの様子はこちらです。
https://www.facebook.com/museecamerakan/posts/911136588965826

写真を教えるというテーマで、
月刊「コマーシャルフォト」2015年11月号でご紹介されています。

151026コマーシャルフォト11月号記事 

追伸

会場の関係もあり、今回は14名前後の募集となります。
お早めにお申し込みいただければ幸いです。

rH8bXdxT 主催者 上市社会保険労務士事務所 上市 真也


講師からのご挨拶

 こんにちは。写真家の高崎勉です。
 私はコマーシャルカメラマンとして活動する傍ら、ここ数年アーティストとして作品を発表し、評価を得てきました。これまでは自身が主宰する「Takasaki Seminar」を通して後進の指導にあたってきましたが、一昨年から故郷の富山にて写真講座を開催しています。

 内容はアートフォト(作品)ゼミと題したワークショップです。美しい富山の自然や、日常の一コマをいかにしてアート作品へと昇華させるのか?

 写真展を開催したい方、コンテストに応募なさりたい方、ご自身のテーマに困っていらっしゃる方、写真を撮ることが好きな方ならどなたでもご参加下さい。
作品講評会も行ないますので、ご自身の作品を是非お持ちになってください。

今回の内容は?

強いていえば、今回のテーマは「解体新書」。
アートフォトの裏側を解説します。

【B-sideアートフォトゼミ&講評】

・展示、販売する作品、、いわゆるアート作品としてお客様の手元にお届けする「販売商品」を数点持参し、その裏側を披露します。
・高崎のコレクションから他の作家の作品も持参いたします。額縁の裏側はどうなっているのか?その中身は?
・展示しない時はどうやって保管しているのか。作品展示の種類などのご紹介。額装の際の注意点など解説します。

※他にもこんな内容を盛り込んで欲しい、こんな事が知りたい。というご希望があればご連絡ください。

※先月の「『Takasaki's Cafe』にあった、あの作品集をもう一度見たい。」というご希望がありましたらどうぞお気軽に。10冊程度でしたら再度持参いたします。また、「高崎の作品集を買いそびれた。保管用にもっと欲しい、」という方。お申し付けくだされば何十冊でも持参いたします。

まだ日にちがありますので、お気軽にご連絡ください。
早めにご連絡頂けましたら、資料の用意もできますので・・・。

午後は、講評会を開催します。

皆様にお会いできることを楽しみにしております。

profile100 フォトグラファー 高崎 勉

講師プロフィール http://www.t-tak.jp/profile_jp.html


アートフォト(作品)ゼミ Vol.16

◆2016年11月20日(日)
アートフォト(作品)ゼミ

 講師 (有)高崎写真事務所 写真家 高崎 勉 氏
     講師プロフィール>> http://www.t-tak.jp/profile_jp.html
◆内容◆
10:00〜12:00午前の部 アートフォトの裏側を解説
  ・展示、販売する作品、
   いわゆるアート作品としてお客様の手元にお届けする「販売商品」を
   数点持参し、その裏側を披露
  ・展示しない時はどうやって保管しているのか

12:00〜13:00 昼食休憩

13:00〜15:45 午後の部 開始
  ・講評会

   講  評  NPO法人「日本の写真文化を海外へプロジェクト」
          理事長 柴田 誠 氏

   講  評 (有)高崎写真事務所 フォトグラファー 高崎 勉 氏

2017年2月ミュゼふくおかカメラ館にて開催の高崎先生写真展と同時開催のTakasaki Seminaer inTOYAMAメンバー秀作展の審査員でもある柴田誠氏特別ゲストです。

柴田誠氏
スタジオグラフィックスでの記事はこちらです。
http://aska-sg.net/author/shibata/

※秀作展
2017年2月県内某所にて開催予定の高崎先生の写真展と
同時開催のTakasaki Seminaer inTOYAMAメンバー秀作展のことです。

午後の部では、講師による作品講評も行います。是非、講評用の作品をお持ちください。なお、講評用の作品をお持ちにならなくても、参加できます。ご安心ください。

講評用の写真やポートフォリオについて
※お願い事項:講評用の写真は、できればA4サイズ程度のプリント(最低2Lサイズ)でお願いいたします。どうしても、画像データでお持ち込みの場合は、USBメモリに入れ、選定された20から30点程度でお願いします。画像データの場合、プロジェクター投影となった際、明るさ・色等の再現性に難がありますので、ご注意ください。なお、お持ち込みに支障がなければ、A4サイズを超えるモノでも可です。

なお、講評用写真プリントの枚数については、20枚前後あるいは、30枚前後を持ち込んでいただいても構いません。ぜひ、お持ちいただければと思います。

◆場所◆
 岩瀬カナル会館
 http://www.canal.or.jp/
 〒931-8378富山市岩瀬天神町48番地
 TEL.076-438-8446 FAX.076-438-8447
 グーグル地図はこちらから>>

◆参加費◆
 8,000円(税込み)

◆定員◆
 14名


申し込みから受講までの流れ

1.申し込み
  このページ下の「申し込み」フォームから申し込みできます。
2.自動応答で受付の返信が届きます。
3.申し込まれた方へ、のちほどメールで決済方法をお知らせします。
  ご用意している決済方法は次のとおりです。
  ・銀行振込
  ・サイト上でのPaypal決済

画像の説明 

4.決済が完了された方へ受講票をPFDファイルで送信いたします。
5.当日、印刷した受講票をお持ちください。

※会社名・屋号での領収書を希望の方はその旨をフォームからお知らせください。
 当日、会社名・屋号での領収書をご用意いたします。


追伸1

会場の関係で、人数は、募集人数は20名としています。
お早めにお申し込みいただければ、幸いです。


追伸2

 終了後も、交流ができるように、Facebookで参加者と講評者によるグループを設けています。受講された方へ、お誘いしております。
 その際は、是非、参加たければと思います。

是非のご参加、お待ちしております。
申し込みフォームからお申し込みくださいませ。

主催者 上市社会保険労務士事務所 上市 真也


お申込フォーム

こちらの項目に入力いただき、「確認」を押してください。

アートフォト(作品)ゼミ Vol.16

※終了しました。