画像の説明

2017年08月20日(日)

セミナー「画面構成と写真の構成」について Vol.20


◆2017年08月20日(日)
セミナー「画面構成と写真の構成」について Vol.20
日時:2017年08月20日(日) 10:00から15:45

◆内容
10:00〜12:00午前の部 
・作品講評「単写真の画面構成をみる(各論)」
・セミナー「画面構成の話」(なぜフチなしのプリント発注ではダメなのか。)

 講  師    フォトジャーナリスト 柴 田 誠 氏
 講  師    (有)高崎写真事務所 フォトグラファー 高崎 勉 氏

12:00〜13:00 昼食休憩

13:00〜15:45 午後の部 開始
・セミナー「目的による組み方」(写真展と写真集の組み方の違い)
・フォトショップレタッチ解説「あなたの作品をレタッチします(申し込み制・先着5名)」
・作品講評「組み写真の構成をみる(総論)」

 講  師    フォトジャーナリスト 柴 田 誠 氏
 講  師    (有)高崎写真事務所 フォトグラファー 高崎 勉 氏

講師による作品講評も行います。是非、講評用の作品をお持ちください。なお、講評用の作品をお持ちにならなくても、参加できます。

講評用の写真やポートフォリオについて
※お願い事項:講評用の写真は、できればA4サイズ程度のプリント(最低2Lサイズ)でお願いいたします。どうしても、画像データでお持ち込みの場合は、USBメモリに入れ、選定された20から30点程度でお願いします。画像データの場合、プロジェクター投影となった際、明るさ・色等の再現性に難がありますので、ご注意ください。なお、お持ち込みに支障がなければ、A4サイズを超えるモノでも可です。

※11月開催の写真展参加の方は、是非、写真展を意識した複数点の作品(ワンテーマ)をご持参ください。

なお、講評用写真プリントの枚数については、20枚前後あるいは、30枚前後を持ち込んでいただいても構いません。ぜひ、お持ちいただければと思います。

◆場所◆
 協同組合富山問屋センター流通会館 1階 第1会議室
 http://www.toyama-tonya.or.jp/about/about10.html
 
〒930-0834富山県富山市問屋町1丁目3-18
 TEL:076-451-9201 FAX:076-451-9359
 グーグル地図はこちらから>>

◆参加費◆
 9,000円(税込み)

◆定員◆
 10名


申し込みから受講までの流れ

1.申し込み
  このページ下の「申し込み」フォームから申し込みできます。
2.自動応答で受付の返信が届きます。
3.申し込まれた方へ、のちほどメールで決済方法をお知らせします。
  ご用意している決済方法は次のとおりです。
  ・銀行振込
  ・サイト上でのPaypal決済

画像の説明 

4.決済が完了された方へ受講票をPFDファイルで送信いたします。
5.当日、印刷した受講票をお持ちください。

※会社名・屋号での領収書を希望の方はその旨をフォームからお知らせください。
 当日、会社名・屋号での領収書をご用意いたします。

今すぐ、申し込みフォームへ>>


追伸1

会場の関係で、人数は、募集人数は15名としています。
お早めにお申し込みいただければ、幸いです。


追伸2

8月19日(土)18時30分から懇親会を予定しています。
お申込みの方には8月に入りましたら、参加希望を伺います。

是非のご参加、お待ちしております。
申し込みフォームからお申し込みくださいませ。

主催者 上市社会保険労務士事務所 上市 真也


ご挨拶

 こんにちは。写真家の高崎勉です。

8月20日(日)も作品講評を行いますが、ここでは「構成」に絞ったお話をします。「構成」といっても単写真の「画面構成」や「平面構成」もあれば、組み写真の「集合体としての構成」もあります。

「構成」というキーワードで午前と午後に分けて講評、解説いたします。参加者は写真展を意識した複数点の作品(ワンテーマ)をご持参ください。(聴講のみでも可です。)

午前の部
・作品講評「単写真の画面構成をみる(各論)」
・セミナー「画面構成の話」(なぜフチなしのプリント発注ではダメなのか。)

午後の部
・セミナー「目的による組み方」(写真展と写真集の組み方の違い)
・フォトショップレタッチ解説「あなたの作品をレタッチします(申し込み制・先着5名)」
・作品講評「組み写真の構成をみる(総論)」

profile100 フォトグラファー 高崎 勉

講師プロフィール http://www.t-tak.jp/profile_jp.html


主催者からのメッセージ

4月のゼミに参加いただいた方、お問い合わせいただいた方、ありがとうございます。

 08月20日(日)にセミナー「画面構成と写真の構成」について Vol.20を開催します。

セミナー「画面構成と写真の構成」について Vol.20

日時:2017年08月20日(日)10時~15時45分
場所:協同組合富山問屋センター流通会館 ※初利用の会場です。

08月20日(日)は、「画面構成と写真の構成」について。講師は、高崎先生とフォトジャーナリストの柴田誠氏です。

そして、午後に、フォトショップレタッチ解説「あなたの作品をレタッチします(申し込み制・先着5名)」を行います。

こちらは、実際にあなたの作品をレタッチしてもうというものです。
ただ、時間の制約があり、すべての方というわけに参りません。
ですから、ご希望の方のうち、先着5名様とさせたいただきます。

あなたの作品がどうかわるか?
是非、ご期待下さい!

講師プロフィール
柴田 誠(しばた まこと)
香港をベースにワールドワイドで活動するフリーのフォトジャーナリスト。主にアジアのカメラショーやアートフェアなどを取材して、国内外のカメラ雑誌やウェブマガジンに寄稿する。2012年に24年間勤務した出版社を退社。出版社に在籍していた間はカメラ雑誌の編集に携わり、カメラ誌の製品担当者で組織する「カメラ記者クラブ」にも通算16年間メンバーとして参加。カメラグランプリの選考委員、実行委員長のほか、カメラ記者クラブの代表幹事も4年半務めた。

2012年から中国のカメラ雑誌「撮影之友」編集顧問も務める。また、2013年9月に海外を目指す写真家のための支援組織「日本の写真文化を海外へプロジェクト」を立ち上げる。写真家・編集者仲間の間では、ディーブな香港を知る香港通としても知られている。2010年には都内のギャラリーで香港をテーマにした写真展「甜蜜的回憶(スィートメモリーズ)」を開催。香港の路地をテーマに撮影を続けている。

2017.03.04(土)ミュゼふくおかカメラ館にて、高崎先生と共に、小講演&作品講評会「作品制作のテーマと目標について」の講師及び講評。

日本写真家協会(JPS)、日本写真協会(PSJ)、および日本香港協会会員。

講師プロフィール
富山市出身の写真家 高崎 勉氏。
Takasaki Semi in TOYAMAの商品撮影ワークショップ・アートフォト(作品)ゼミで毎回お世話になっています。2015年8月23日に、ミュゼふくおかカメラ館で、クラシックカメラワークショップにて講師。一層ご活躍です。

※ミュゼふくおかカメラ館でのクラシックカメラワークショップの様子はこちらです。
https://www.facebook.com/museecamerakan/posts/911136588965826

 2017年2月、ミュゼふくおかカメラ館にて、写真展開催を開催。その際、同時開催でゼミ受講者による秀作展。
高崎勉写真展「30年の旅の軌跡~Tracks of Travel for 30 years~」

画像の説明
http://www.camerakan.com/news/2月のイベントのお知らせ-2/

画像の説明
写真家 高崎勉氏のプロフィールはこちらです。
http://www.t-tak.jp/profile_jp.html

画像の説明
※北日本新聞記事 2017年02月26日


写真を教えるというテーマで、
月刊「コマーシャルフォト」2015年11月号でご紹介されています。

151026コマーシャルフォト11月号記事 


2月には商品撮影に関するDVD教材も監修されています。


追伸

会場の関係もあり、今回は10名前後の募集となります。
お早めにお申し込みいただければ幸いです。

rH8bXdxT 主催者 上市社会保険労務士事務所 上市 真也


お申込フォーム

こちらの項目に入力いただき、「確認」を押してください。

セミナー「画面構成と写真の構成」について Vol.20

決済方法をお選びください